スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

「シャケ弁当」もご表示!シャケじゃないという事で「サーモントラウト弁当」になるかもwwwイヤーーーーーー!!

1:2014/01/28(火) 07:30:35.97 0 ID:
「シャケ弁当」という呼び方が変わるかもしれません。
去年相次いだ食材の虚偽表示問題を受けて消費者庁は表示に関するガイドラインの案をまとめ、
27日、東京で意見を聞く会議が開かれました。
より正確な表示を求める内容ですが、広く定着したメニューの変更も迫られるだけに
外食業界などからは戸惑いや反発の声も出ています。

全国のホテルやデパートでのメニューの虚偽表示の問題を受けて、
消費者庁は先月、ニジマスを「サーモン」と表示するなど、景品表示法上、
問題となる具体例などをまとめたガイドラインの案を公表しました。

27日は、その案に対する意見を聞く会が東京で開かれ、
外食産業や消費者団体の代表など12人が出席しました。
この中で、外食産業の代表などからは、

▽「サーモントラウト」は、すでにすしネタなどの「サーモン」として広く出回っているため、
表示できなくなると消費者を混乱させるとか
▽料理の名前は、伝統や文化に根ざしたものもあり、
食材の具体的な名前をすべて表示することは現実的ではない、
などと改善を求める意見が寄せらました。

一方、消費者団体からは、消費者にとって何を食べているのか分からないのは問題なので、
本当の名前をしっかりと表示してほしい、などといった意見が出ていました。

消費者庁表示対策課の片桐一幸課長は、
「さまざまな分野の方から、貴重な意見を頂くことができたので、
ガイドラインの完成に向けて役立てたい」と話していました。

■「聞き慣れた名前使いたい」

ガイドラインは高級レストランなどだけでなく、
街のなかの弁当店や外食チェーンなどにも適用されることから、
現場では戸惑いの声が上がっています。

魚を中心におよそ10種類の弁当を販売している東京・渋谷区の店では、
客に使用している魚の種類を正確に知らせるため、すでにニジマスを使ったものを
「トラウトサーモン弁当」と表示しています。

しかし、消費者の間で、「銀サワラ」という名で知られている魚を「ミナミカゴカマス」という
正確な名前で販売してみたところ、聞き慣れないためか、売れ行きが思うほど上がらなかった
苦い経験もあるということです。

消費者庁が今回、示したガイドラインの案について、魚の仕入れを担当している稲垣竜弥さんは
「外国産の魚で、日本の名前がないものもあるので、表記方法をすべて決めてもらわなければ
正確に対応できない。小売店としては、お客さんが名前を聞いただけで味が分かるような、
聞き慣れた名前を使いたい」と話していました。

一方、弁当を買いに来た男性客は
「買うときにラベルの表示は見るが、信頼している店なら、
魚の名前が正確かどうかにはそこまでこだわらない。
生産地や安全性についての表示はしっかりとしてもらいたいが、
魚の種類については、耳慣れた名前で売ってもらったほうが買いやすい」と話していました。

ソース:NHK(1月27日 19時28分) ※抜粋
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140127/k10014807671000.html
※ソース元にニュース動画あり

続きを読む »

スポンサーサイト

タグ : シャケ弁 サーモントラウト弁当

2014/01/28 11:21 | 誤表示問題COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP | 

ページトップ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。